抗がん剤はどんな薬なの?飲む前にはまず要チェックです

よくある副作用とは

「よくある副作用とは」のイメージ画像です。

人間がかかってしまう病で、もっとも怖いといわれているのが「がん」です。
がんは放置すれば死んでしまうものになりますが、たとえ治療に専念したとしても死んでしまう可能性があります。

一般的には「抗がん剤」と呼ばれるものがよく利用されているわけですが、これはあくまでも進行を抑える薬にしかすぎません。
そして抗がん剤といえばいくつか種類があるのですが、それぞれの抗がん剤には強烈な副作用があります。
副作用には主に自覚的なものや、検査をすることでわかる他覚的なものまで存在しており、現れ方については個人差があります。
ただ最近の抗がん剤は副作用の予防法だったり対処法の進歩から、かなり抑えられるようになっているのが事実です。

では基本的に抗がん剤で見られる副作用として定番なのは主に何があるのか?

まず「脱毛」は定番中の定番だと思います。
抗がん剤はがんの進行を抑える代わりに、髪の毛をつくる細胞にダメージを与えてしまいます。
そのため治療を開始してからおよそ3週間程度で脱毛が始まってしまうのです。

そして「吐き気や嘔吐」も抗がん剤の副作用としてはよく見られるものとなっています。
抗がん剤自体が脳の嘔吐中枢だったり受容体を刺激し、さらには胃の粘膜を傷つけてしまったりするため、急に吐き気が襲ってくることがあるのです。

あとは「貧血状態になる」こともよくあります。
抗がん剤によって赤血球やヘモグロビンというものが減少し始めるようになり、そこから酸素不足に陥って貧血になるわけです。
他にも抗がん剤から生じる副作用には色々あるので、気になる人はしっかりチェックしておいてください。

女性は特に注意しよう

がんといえば乳がんは非常に多く見受けられるようになった種類だといってもいいでしょう。今回は乳がんの基本的な話から、実際に抗がん剤以外に効果的だといわれている療法をひとつあなたに紹介していきたいと思います。

© 抗がん剤はどんな薬なの?飲む前にはまず要チェックです